スウェーデン式サウンディング試験

   スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)は、 荷重による貫入と回転貫入を併用した原位置試験です。 土の静的貫入抵抗を測定することによりその硬軟・締まり具合をN値により判定し、 土層構成を把握することを目的としています。

   規格は1976年にJIS  A  1221として制定されました。 また1995年に,SI単位系の導入と試験の自動化などを考慮して改正が行われました。

   装置およびその操作が容易で迅速に測定ができ、 簡単なサウンディングのなかでは比較的貫入能力に優れているなどの利点があります。 そのために、深さ10m程度以浅の軟弱層を対象に概略調査または補足調査として用いられています。 最近では、戸建住宅など小規模構造物の支持力特性を把握する地盤調査方法として多く用いられています。

適用範囲


   その機動性から,標準貫入試験の補足手段として多く利用されています。 また,支持層の深さや軟弱土層の厚さを確認したい場合に,単独で用いることもあります。

試験用具




試験方法


  1. スクリューポイントを取り付けたロッドに載荷装置を固定し、 調査地点上に垂直に立てて支えます。
  2. 最初に50N(5kgf)の荷重を載荷します。
  3. 荷重でロッドが地中に貫入(装置の重さによる自沈)するかどうかを確かめ、 貫入する場合は貫入が止まったときの貫入量を記録します。 また、このときの貫入状況を観察します。
  4. おもりは質量10kgから重い順に次々と載せていきます。
    ⇒注意点   一枚ずつ静かに
  5. 全てのおもりを載せ1kN(100kgf)で静止している場合、 鉛直方向に力がかからないようにハンドルを右回転させ、 ロッドを目盛り線(25cm毎)まで貫入させます。このとき半回転した数を測定します。
  6. 装置の下端が地表面に達したら、おもりを降ろし、ロッドを継ぎ足して作業を繰り返します。
  7. 貫入量5cmあたりの半回転数が50回以上となる場合や、 礫などに当たり空転する場合は測定を終了します。


自動試験機



全自動試験機


試験機とパソコン


試験状況


スクリューポイント

載荷装置としておもりを用いるもの、 おもりと本体フレーム自重を合わせたものなど様々なものが実用化されています。

戻る


Copyright (c) 2003-2004, Kouda-Sato Lab All rights reserved.